02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ本(1)

アフリカ諸国が日本人にとってどこまで身近なのかはともかく、アフリカのことを知るための書籍や情報は、国内でもいろいろ入手可能です。

アフリカをざっと知るために読んだ本を紹介します。2冊紹介するだけですが、普段ほとんど本を読まない魚尾獅からすれば、結構な読書量なんです、それでも。

まず紹介するのは、アジア経済研究所の平野さんの「経済大陸アフリカ」。これまでも平野さんの講演は何度か聴いたことがあるので、読む前からだいたい内容も想像できましたが、幅広い読者層の関心に応えられるわかりやすい本です。

経済大陸アフリカ (中公新書)経済大陸アフリカ (中公新書)
(2013/01/24)
平野 克己

商品詳細を見る


この「経済大陸」という題の「経済」は、経済協力などいわゆるアフリカの開発を中心的な話題としつつも、国際機関等のいわゆる援助業界のこととアフリカ各国の企業のビジネス活動のことがバランス良く触れられているので、援助の潮流に詳しくないビジネス関係者もビジネスに関心の薄かった援助関係者にも有益な本だと感じます。

あとトピックとしては、資源と農業といった各セクターからの切り口もアフリカ諸国が直面している課題と潜在性という意味では重要です。特に平野さんが普段からおっしゃっている食料安全保障の観点からアフリカの開発政策を考えるという点は魚尾獅も非常に重要だと感じています。

あと中国のアフリカ攻勢についても考察されています(というかこのトピックが冒頭に来て、各話題へ移っていく構成です。アフリカの直面している課題等が概観できるという理由からだったと思います。)。中国のアフリカ進出についてはポジティブに見ている方もそうでない方もいろいろあるでしょうが、データも含めた事実関係を要領よく押さえることができます。

個人的な感想としては、自分がいろいろな場面で漠然と感じていたことを文字にしてくれたというか、腑に落ちることが多かったので大変読みやすかったです。当たり前といえば当たり前なのでしょうが、「農業の低開発は工業化を阻止する」というくだりは非常に納得できるとともに、それって構造上の大問題だけに解決は容易じゃないので読みながらいろいろ悩ましかったです。賃金や物価など一般的に何でも高いアフリカ大陸で、東アジアや東南アジアの物差しは通じないとは感じつつも、アジアを軸にアフリカの産業政策を見てきた立場からはアフリカのハードルは高いなあと改めて考えさせられました。

あとこの本は引用されているデータも面白いので、データ見るだけでも退屈しないと思います。データ好きの方はぜひ。
スポンサーサイト

左ハンドル車求む

ということで渡航の準備をしないといけないのですが、3度目の海外引越ということで、まあ何とかなるだろうと気分的には余裕を持ちつつ(持ちすぎも危険ですが)、まだ何もしていない状況。

ただ今回初めてのことにも挑戦予定です。それは日本から車を持っていくこと。いろいろ検討した結果、1万キロメートル以上離れたルワンダに車を運ぶことになりそうです。明らかに大変そうな感じがしますけど。でもそうせざるを得ない感じ。

いろいろ関係者にも聞き取りをした後、輸送の代行業者さんのところに話を聞きに行ってきました。

1 そもそも車が必要か
これまでの引越と違って、一度も行ったことのない国に行くので、この点も確証はないです。ただ単純に現地滞在経験者の話を聞く限り、「あった方がいいよ」と。家と職場は近そうなのですが、ルワンダの首都キガリは起伏も相当あるし、買い物の便とか考えても車を持つ人が多いらしい。確かに他人をあてにして暮らすのはつらいし、実際、フランス時代の車ないときは友人頼みで不便だった。

2 どんな車が必要か
やはり四駆らしい。キガリなら四駆でなくてもと思ったが、聞くとそうでもないらしい。未舗装の道もあるし、何せ起伏があるので、土道を下っていったりとかもあるらしい。地方に行くならなおのこと。
そして左ハンドルのみ。旧英国植民地の周辺国(ケニア・タンザニア・ウガンダ)は右ハンドル。ルワンダは英連邦に入っているとはいえ、もともとベルギーが宗主国で(その前はドイツだが)れっきとした左ハンドル国。昔は右ハンドルでも輸入できたらしいが、今は左ハンドルのみらしい。もうインフラも左ハンドル(右側通行)前提で整備されており(道路や信号機とか)今さら変えられないらしい(一応検討もされたとか)。

3 現地調達の可能性
これが全然ダメらしい。これだけ車が走っていたら、中古車市場ぐらいはありそうだが、実際あるらしいが、とにかくモノのわりに高いらしい。現地の人でもヒドイ車をつかまされるらしい。エアバッグ付いているといっても既に開いちゃったあととか(それはわかりそうだが)、オイルや冷却水も漏れまくったりとか。ただでさえ当たり外れのある中古車、そのバラツキの差たるや想像できないです。なので、現地で買うのはやめなさい、と関係者からはかなり言われました。
なら周辺国から、と思ったですが、前述の左ハンドルルールで結構難しい模様。あと勝手に右ハンドル車を左ハンドル車に改造したものもあるらしいですが、それはそれでハイリスク。たまたまタクシーで乗ったという方の話を聞きましたが、ハンドルがガタガタガタガタするなど、かなり荒っぽい改造のようです。

以上を勘案すると、結局「日本で左ハンドルを調達して現地へ送る」という結論に。つまりルワンダ現地から見れば個人輸入という形で、代行業者を使って日本から運びます。

ただこれもいろいろ簡単でないらしいです。

まず左ハンドルで四駆の車は日本でも簡単に手に入りません。日本車だとなおさら。当然っちゃ当然ですが。外車でも四駆だと同様。それも4000ccとか巨大な車になるとか。とりあえずこちらで選びたいとかいう以前に出てくるのを待つしかない状況だそうです。

これだけでもハードル高いのに、これを船積みしてアフリカ大陸まで送るなんて。そして内陸国のルワンダだったらさらにその先があるわけです。やれやれ。送り先はタンザニアのダル・エス・サラームになるそうです。ケニアのモンバサという選択肢もありますが。どっちにせよ順調にいって3週間以上はかかるようです。

他にもトラブルは山ほどあるようです。まず輸送途中で部品がなくなります。だいたい送った人はみんな何かしら盗られるようです。車と一緒に引越荷物も積んで送る人もいるそうですが、もちろん?途中で中身の一部が盗難に遭います。車だけでも盗られるそうです。最近聞いた話だと、パワーウインドウのスイッチや周りのプラスチックの部品とかが盗られたとか。それを盗って価値があるようにも思えませんが、部品修理とかはあちこちでも盛んなわけで買う業者とかもいるのでしょうね。

タンザニアからルワンダまでは陸送ということで、手配した業者に運転を任せて走ってきてもらうのですが、これもハプニングには事欠かないらしく、事故とかで車がおじゃんになることも。もちろん業者側の責任になるので、新しいのを送ってくれるらしい。業者さんも大変です。ケニアのモンバサから陸送した際、途中で何とトラックにはねられたらしい子象が横たわっていて、それにぶつかって車がダメになったなんて話も…。いかにもケニアっぽい話だけど。

ここまで書きながら、だんだんと不安になって来ましたが、とりあえず車が見つからないことには始まりません。左ハンドル四駆を売りたい人(日本車大歓迎)、日本ではそんなにいないと思いますが、何とか探さねば。

theme : アフリカ
genre : 海外情報

2年ぶりにブログ復活!その理由は…

このHEC Paris MBAをメインで扱ったブログもMBAの終了とともに休眠状態でしたが、2年ぶりに復活させることとしました。2013年1月1日にフランスを発って、(途中でシンガポールで寄り道をして)帰国。それから2年弱は東京でボチボチ働いていました。

で、今回ブログを復活させようと一念発起した理由は何かと言われたら…再び海外で働くことになったからです。行き先はルワンダです。今日正式に決まったのですが。

まあ別に海外に行くからブログを書かなければならない、ということもないのですが、やはり日本国内にいるときよりもいろいろな刺激もありますし、フランス時代に書きためたこのブログも後となって読み返すと、結構忘れていたことも多く、写真がついていることもありますが、結構懐かしくてですね、以外にいいもんだな、なんて自己満足も得られます。

でもそれよりも一番の目的は、家族・友人たちへの近況が報告できること。魚尾獅の家族・友人にとってもルワンダってどこ?って状態でしょうし、元気にやっていますよって報告するだけでも十分すぎる意義があるかなと。そのあたりは元々ブログを始めた初期の記事でも同じようなことを書いた記憶がありますが。

ということで、再度復活してみました。テーマが違うのでブログを変えても良かったのですが、まあ元のタイトルがキャリアパスってことなので、意外にこのままでも良いかなと思った次第です。HEC関係でこのブログにたどり着いた方も、卒業生のその後ということでそのままお目通しいただければ、なんて思います。

で、ルワンダです。正直なところ、行ったことのない国で詳しいことも知らないのですがご縁があって今回お仕事をさせていただくこととなりました。近年の経済成長から「アフリカの奇跡」と呼ばれていますね。もちろん歴史の面では内戦から虐殺など、今でも直視しづらい問題も避けては通れません。まだ何も実感できることがないので、そういったことも含め、縁があったこの国をこれから紹介していければと思います。

それでは今回もよろしくお願いします。

最後の晩餐?

今日、2012年12月31日の夜は大晦日であると同時に、今回のフランス滞在の最後の夜でもありました。当初は最後の夜ぐらい感傷に浸りながら一人で過ごす予定だったのですが、結局、我がHEC MBAプログラムの日本人クラスメイトたちと過ごすことになりました。

場所はモンパルナス近くにある日本人シェフの有名レストラン「」。年越し用の豪華ディナーをいただきました。まさに最後の晩餐にふさわしい、ハイレベルなひととき。キャビアから始まり、オマール海老、和風テイストに調理されたしつこくないフォア・グラ、トリュフ添えの子羊等々、まさに美食のオン・パレードといったところ。結局、レストランで新年を迎えることになり、店の計らいで素敵なシャンパンで乾杯しながら2013年に突入することができました。

前菜です。
IMG_2037.jpg

以下美食の数々。やたらトリュフが目立つ。
IMG_2038.jpg

IMG_2039.jpg

IMG_2040.jpg

IMG_2041.jpg


食事やサービスの素晴らしさもさることながら、この晩餐が楽しかった理由は、入学時期の違うHEC生…これからプログラムが始まる新入生、海外でのインターンへの挑戦、次のキャリアへ向かう魚尾獅…といった状況の違う3人が、MBA生活やこれからのキャリアなどについて大いに語り合えたからというのが大きいと思います。同じ日本人とはいっても、バックグラウンドや関心そして年齢も性別も異なる3人でわいわい楽しく4時間以上話すことができました。これまでやこれからのキャリアについてが話題の大半で、ある意味固い話なのですが、いい雰囲気で語り合えたような気がします。

キャリアというのは別にMBAに行っても行かなくても存在し続けるものですので、MBA生だから特に…なんてことは全くないはずですが、個人的には、MBAプログラムに参加したおかげで、これまで以上に深くキャリアについて考えるとともに、友人たちとキャリアについて相談したり議論したりすることが飛躍的に増加しました。その結果、自分が気づいていない自分の強みや弱みを認識したり、新たな人的ネットワークが広がったり、自分のキャリアにポジティブなインパクトがフィードバックされてきたと思います。今回も3人で議論して、それぞれが考えているキャリア・チェンジ(会社内でのキャリア・チェンジもありえるので必ずしも転職を意味しないけど…)を聞くことで自分にとっても刺激になりました。みんなが模索しつつも、自分なりに意味づけをしつつ自分に足りないものや自分のやりたいものに挑戦しようとする姿勢を共有することは、思った以上に意味のあることだなと。

キャリアを語ること自体はMBAの特権でも何でもないけど、MBAプログラムに在籍することで、自分のキャリアを考えぬく力がアップしたことは間違いないと思います。授業はもちろん、クラスメイト、ゲストスピーカー、就職活動、そもそも受験時期のエッセイ作成も引っくるめて、情報を収集しつつ、友人と議論し、自問自答しつつ考えを深めるというのは、勉強そのものと同じぐらい魚尾獅にとって大切なプロセスでした。MBAで得られた一つの成果は、キャリアに対する高い意識付けと自分で大きな青写真を描く力を得たこと、そんなことを感じた今回のフランス滞在での最後の晩餐でした。

theme : MBA
genre : 学校・教育

16ヶ月間の寮生活

明日とうとう寮を出なければなりません。帰国に向けて何かと感傷的になる今日この頃ですが、この16ヶ月間のMBA生活を振り返ったときにキャンパスの寮(Expansielと呼ばれていますが)を抜きには語れないというほど重要な存在でした。勉強、パーティー、旅行や遊びの計画等々、すべてのことがここで行われてきたような気がします。

それだけに退去前は思いっきり感傷に浸りたいところではありましたが、実際は、部屋の明け渡しのための荷物出しや掃除等で最後までバタバタしていました。いろんなクラスメイトから最後の立ち会い時のチェックは厳しいと聞いていて、少しでも不備があれば当初支払ったデポジット(敷金)からいろいろ差し引かれてしまうということでしたので、よし日本人の意地?を見せてやろうということで、気合いを入れて準備しました。

その甲斐あってか、立ち会いの結果、「C’est perfect!(完璧!)」という言葉とともにデポジット900ユーロは無事全額戻ってくることになりました。めでたしめでたし。次回渡仏時(卒業式のときかな)のちょっとしたお買い物資金の足しになりそうです。

結論から言うと、寮からの指示どおりさえすればデポジットは普通に全額返ってくると思います。これまでかなりのクラスメイトから、デポジット返ってこないとか差し引かれる額が不透明だとか寮に対して訴訟を起こしてやる!とかいろんな不平を聞いてきたのですが、おそらく指示どおりのことをしていなかったり、そもそもきれいに部屋を使っていなかったり、借主側の問題もいろいろあるんじゃないの?なんて今は思っています(もっとも小生もまだデポジットを受け取ったわけじゃないので油断禁物ですが)。実際、自分の場合は、全く問題なくすべてのチェックをクリアできましたし、特に細かく見ている感じでもありませんでした。

確かに寮からの指示事項はいろいろと面倒です。シーツ等のリネン類は自分でクリーニングに出すこと(通常の衣類のクリーニングより時間がかかるため、退去日に間に合わないことがよくある)、毛布類やカーテンも自分で洗濯、電球の取り替え、その他室内清掃等々、確かに面倒くさかったです。寮内では通常電子マネーのようなカードで洗濯していたのですが、その洗濯機が故障したため、小銭がないと洗濯できないなんてトラブルも。些細なことと思うかもしれませんが、小銭しか受け付けずお釣りも出ない洗濯機で何度も洗濯するのは想像以上に大変です。しかも小銭を入れても認識せず戻っても来ないなんて罠も仕掛けられているので、全く油断なりません。小銭を作るためだけに車で外出させられるなど、引越前の忙しいときにいろいろ面倒な仕事を増やしてくれました。

そんな慌ただしい退去劇でしたが、やはり16ヶ月間を過ごしたこの愛すべき寮には思い出がたくさん!このブログをご覧になっている方で、HEC Parisへの進学を検討されている方は、ぜひこの寮生活を体験いただきたいと思います。もちろんパリに住むことへの憧れも理解できますが、とりあえず最初は寮に入り、資金等が許せば後から引っ越すことも可能ですし、寮生活を強くオススメします。

寮の最大のメリットは、やはりクラスメイトとの濃いつながりができること。寮内で定期的にパーティーも行われるし、みんなで誕生日を祝ったり、時には?勉強したり、MBA生活のベースをみんなで共有できるまたとないチャンスです。入学時期を超えたつながりという意味で友人の輪も広がります。これが最大の利点です。

金銭的にもメリットは大きいです。パリのアパートを借りるよりは経済的ですし、素晴らしいとは言えないものの、安い学校のカフェテリアを使えば食費も節約できます。その節約した分で旅行に行ったりすれば、MBA生活はより充実します。

時間のメリットも無視できません。忙しいコアの時期(1学期や2学期)はもちろん、落ち着いた選択科目の時期でも、朝8時からの授業も結構あるので、寮に住んでいると通学時間が数分程度なので時間的にも余裕があります(といっても朝起きるのはそれでも辛かった)。授業の合間でも自分の部屋に戻れるので、予習復習や仮眠など、時間の有効活用ができます。

ということで、Expansielでの寮生活は、人(友人)、金、時間といった点で、本当に有益な選択でした。これからのキャリアでひょっとしたらパリに住むチャンスはまたあるかもしれないけど、寮に住むチャンスなんてまずないですしね。今しかできないことを最優先にやるという観点でも寮生活はベストな選択だったと思っています。

もちろんデメリットもあります。キャンパス自体が不便なところに位置しているので、生活上の不便(特に買い物)はいろいろあります。ただキャンパスの向かいにスーパーマーケットができたのでそれまでに比べたら生活環境は劇的に改善しました。あと、配偶者や子どもと一緒に来られる場合、あまりに退屈なキャンパス周辺での生活は、家族の方にとって精神衛生上イマイチかもしれません。特にMBA生本人はそうでなくても忙しいので、家族へのフォローも不十分になりがち。寮には家族部屋もあるとはいえ、家族持ちには良い環境とは言いづらいです。車がないと厳しいでしょうね。

あと寮生活の満足度は部屋の場所や隣人たちとの関係にも左右されると思います。魚尾獅の場合は、2階で入口に近く、コインランドリーや自動販売機にも近いため非常に便利でした。パーティーの開かれる集会室みたいな部屋(通称Piano Bar)にも近かったのですが、部屋の向きが違うため、パーティー時の音楽の爆音に悩まされることもなく、好きなだけパーティーに参加して飲めなくなったら部屋に帰ってベッドへ倒れ込むという生活を送っていました。遮音性という点ではさほど良くない建物ですが、常識的な隣人に囲まれたおかげで苦労は全くありませんでした(この点はホント運です)。深夜に絶唱する人や夫婦ゲンカが絶えないなどいろいろな隣人たちがいるので。その点でも恵まれていました。

何はともあれまずは寮生活。他のビジネス・スクールや海外留学でも寮生活の機会があれば一度体験されたら良いと思います。素敵な思い出になること請け合いです。

部屋を退出する前に1枚。
IMG_2034.jpg

往生際悪く扉も撮影。
IMG_2035.jpg

そしてお世話になりまくった愛車(後輩に売却)に別れを…。
IMG_2036.jpg

思わず感傷的になってしまいます…。普通に涙が出そう…。

theme : MBA
genre : 学校・教育

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。