02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学前に読んだ本(5)

ファイナンスは全くの初心者なので、勧められた「ざっくり分かるファイナンス」(石野雄一著/光文社新書)を読みました。ホントの初心者なので、実際の授業のレベルと比べてどうかなど、現時点では全く判断できませんが、題名のとおりざっくりわかります。

本書の特徴は何と言っても、概念を噛みくだいて説明することに専念しているので、ややこしそうな数式や計算が一切出てこない点です。個人的には数学は嫌いじゃないのですが、数式の説明や計算に時間を割かず、しっかり概要だけ刷り込もうという本書の趣旨は大変ありがたいです。

さすがに1回読んだだけだと、あっという間に忘却の彼方に飛んでしまうので、また目を通しておこうかとは思ってますが、至る所に「おさらい」コーナーがあったりして、読み返すときも便利です。大まかにいうと、お金の現在価値、企業価値、投資の判断基準、資本構成あたりが説明の中心になってます。

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)
(2007/04/17)
石野 雄一

商品詳細を見る


ファイナンス理論の説明+エクセル活用による実践ということで、同じ著者の「道具としてのファイナンス」(日本実業出版社)も鋭意読み進めていますが、渡航までに読み終わることはなさそうです。こちらも平易な説明と実務での活用(計算はエクセルにお任せ)にフォーカスしており、非常におもしろいです。著者のサイトからエクセル・ファイルのソフトコピーをダウンロードすることもできます。

道具としてのファイナンス道具としてのファイナンス
(2005/08/25)
石野 雄一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

留学前に読んだ本(4)

以前紹介した「財務3表一体理解法」の続編、「財務3表一体分析法」(國貞克則著
/朝日新書)を読みました。

前作と同様、とにかく読みやすいように作ってあるのが本書の特徴で、大阪
~東京の新幹線の車中の片道で十分読み切れるぐらいです(と言いつつも実
際は爆睡したため読み切れなかったのですが)。

ROE・レバレッジ比率・総資本回転率・当期純利益率などの分析指標を中心に、
ひたすら実際の企業の財務諸表を分析していくのですが、同業他社との比較、
過去との比較などが織り交ぜられており、図表も適切な量が適切なタイミン
グで挿入されているので、魚尾獅のようなちょっとかじったことがある程度
の知識でも、問題なく読み進めていけます。

たぶんホントの専門家というかプロからすると、邪道というかアカデミック
ではないという批判はあるかもしれないけど、感覚を掴むという意味では十
分かと。前作を読まずにいきなり本作でも支障はないかと思いますが、著者
の説明手法に慣れておくという意味では、目を通しておいても良いかもしれ
ません。

とにかく、じっくり読むというよりはさらっと読める読み物という位置づけ
で良いんじゃないかと思います。


財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)
(2009/05/13)
國貞 克則

商品詳細を見る

theme : MBA
genre : 学校・教育

留学前に読んだ本(3)

ちょうど今荷物のパッキングをしてます。本とかはできるだけ持って行かな
いようにしようと思っています。どうせ読むヒマもないですからねえ。

で、本棚を整理していると、ずいぶん昔に読んだ「レポートの作り方」(江
下雅之著/中公新書)を発見。MBAとは直接関係はないといえばないの
ですが、なかなかいい本だったことを思い出したので、ここで紹介します。

以前、職場の同僚が、調査研究に関する勉強会を立ち上げたときに、著
者の江下先生に講師に来ていただいたというのがこの本を知ったきっか
けでした。

調査研究について、テーマの設定から発表までレポートづくりの基礎テ
クニックが解説されています。骨格づくり、資料の探し方・整理法、調査、
図表作成、文章執筆、プレゼン資料作成、プレゼン発表など、かゆいとこ
ろに手が届く感じです。

ただし、2003年発行なので、ウェブを活用した情報収集やソフトウェアの
活用など、IT系の情報は当時のままであり、最新の状況に対応しているわ
けではないです。それでも、極めてロジカルに明快に書かれているので、
単なる文章の書き方ではなく調査研究の手引きとして有益な本かなって
思います。

レポートの作り方 (中公新書)レポートの作り方 (中公新書)
(2003/10)
江下 雅之

商品詳細を見る

theme : MBA
genre : 学校・教育

留学前に読んだ本(2)

アカウンティングの予習も兼ねて、「財務3表一体理解法」(國貞克則著/
朝日新書)を購入。会計の専門家でない方がわかりやすさを優先して書いた
本というイメージ。新書ということもあり、数時間であっさり読めます。

結論から言うと、ちょっとわかりきったことばかりという感じでしょうか。
本書は「簿記を勉強しなくても会計がわかる!!」というのがウリなんで
すが、逆に、簿記を少しでもかじったことがある方には、物足りないって
ことになると思います。

もちろん本書が買うに値しないということでなく、魚尾獅にとっては少し
ミスマッチだったというだけで、入門書としては読みやすい、わかりやす
い本だと思います。金融商品の時価会計、税効果会計などは簡潔な説明で
要領を得た感じではないかと。

魚尾獅自身は、地方の役人というキャリアですが、たまたま、介護保険制
度がスタートする際の社会福祉法人会計基準への移行等々を担当していた
時期がありまして、乱暴に言うと、単式簿記から複式簿記へみたいな大き
な制度変更だったんで、当時、仕訳って何?っていう状態だった魚尾獅は
必死で勉強しました。なので、大学の授業等の受講経験はないのですが、
少しは知識ありって感じです。
(ちなみに公益法人に出向していたときは2年ほど経理担当でしたが、これ
はそんなに役立ってません。ただ仕訳していただけであとはシステムにお
任せ…みたいな感じだったので。)

なお、本書には同じ著者による続編「財務3表一体分析法」が出ています
ので、せっかくなので引き続き目を通してみようかなって思ってます。
ま、amazonで購入せず、書店で手に取ってから考えようかと。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
(2007/05/11)
國貞 克則

商品詳細を見る

theme : MBA
genre : 学校・教育

留学前に読んだ本(1)

経済・経営系の科目はほとんど受講した経験のない魚尾獅。ファイナンスや統計は、MBA留学前に日本語でさっと目を通した方がいいってよく言われるので、まず統計にトライしてみました。

購入したのは「はじめての統計学」(鳥井泰彦著/日本経済新聞出版社)。いろんなMBA生のブログ等で取りあげられてました。

ひととおり目を通した感想は、とてもわかりやすいってことです。統計学もこれまで一切勉強したことがないので、この本自体のレベルがビジネス・スクールの統計学の求めるレベルと乖離があるのかどうかは正直わからないですが、大きな挫折を感じることもなく読み進められます。ちなみに、著者は本書冒頭で、「もとより、統計学の専門家の方々からは、これほどレベルダウンしたテキストが必要なのかという御批判と御叱正があるであろう。」って言っているぐらいなので、やさしすぎるってことなんでしょうか。

少なくとも概念を掴むという意味では非常に便利な本だと思います。あと些細なことですが、基本的な用語の多くは英語が併記されているのもうれしいです。

見た目は教科書っぽい体裁ですが、教科書のように数学的なアプローチ(証明とか)を徹底しているわけでないので、あくまでざくっとした理解+手計算の練習という感じです。好みは分かれるところかもしれません。魚
尾獅としては、統計学そのものを追求するつもりはないので全く問題ないですが(ちなみに、著者は経済学者で、統計学の専門家というわけではないので、ちょうどビジネス・スクールの学生に向いているのかもしれませんね)。

あと、この本は関数電卓を持っていることを前提としています。魚尾獅は関数電卓は持っていませんが、金融電卓を持っていたので(道具揃えるのは大好きなもんで…)、それを使って読み進めてました。

でもどうしてこの本には索引がないのだろう…。そこは結構不便でしたねえ。

はじめての統計学はじめての統計学
(1994/11)
鳥居 泰彦

商品詳細を見る

theme : MBA
genre : 学校・教育

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。