05
1
3
6
7
8
9
10
11
13
14
15
17
19
21
22
23
24
25
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Interview Training 1-2

Matthewのレッスンの続きです。

interview時たくさんの情報は必要ないので、キーポイントを絞って一貫性を持たせることが大事とのこと。

〔ポイント〕
Q1 Who are you?
Q2 What are you good at?
Q3 What have you done?
Q4 What do you want to do next?
Q5 How will ** help you do that?(**はそれぞれのschool名が入ります)
Q6 What can you bring to **?

考え方はエッセイと同じですね。Matthewからは、個々の質問への答えはOKでも、全体として一貫性のない答えとなっているケースがよくあるよって言ってました。

例えば、
  ☆Q3の答えは、Q1とQ2への答えから導かれているものか?
  ☆Q5の答えは、Q4の答え(=これからしたいこと)からQ1~Q3の答え
   (=現在・過去の実績)のギャップを埋めるものであるか?
  ☆Q6の答えは、Q1~Q4への答えが盛り込まれているか?
といったことを強調されてました。

前回も書きましたけど、自分の英語を聞きながらってのはかなりのストレスです。それが現実とは知りつつも…。
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。