05
1
3
4
5
7
8
9
10
11
14
15
16
20
22
23
24
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期学生ビザ取得手続…Campus France編(5)

だいぶ間が空きましたが、本日、大使館でCampus Franceの面接を受けてきました。

場所は広尾のフランス大使館です。ビザ・セクションとは建物が違いますが、入口のセキュリティのところで、「キャンパス・フランスの面接に来ました」と言えば、アポの時間だけ確認されて、IDの提出を求められるので、パスポートを渡して入館しました。

ふと考えたら、あとでパスポートいるのに入口で渡したらダメじゃんって思ったのですが、結局、パスポート自体、面接で必要ありませんでした。

ビザ・セクションは結構な行列になってましたが、キャンパス・フランスはのんびりしたもので、早く行く必要は全くないと思います。朝一番で9時10分スタートで予約しましたが、時間どおり始まることもなくって感じでした。

面接はトータルで15分ぐらいでしょうか。淡々と事務的に進んでいきます。

1)最終学歴
2)職歴
3)進学先と授業での使用言語(英語 or フランス語)
4)留学後のキャリア

ここまでは、事前に記入した内容を口頭で再確認するだけです。

あとは、留学時の使用言語(魚尾獅の場合は英語)で簡単にスピーチしてくださいって言われます。何でもいいと言われますが、ホントに何でもいいのでテキトーに。

フランス語の学習経験も聞かれます。簡単に自己紹介してくれと言われたりします。フランスに行ったことがありますか?とか、フランス語で聞かれます。もう勘弁してって視線で訴えましたが…。

最後に、事前にコピーを送っている書類(進学先からの合格通知・大学の卒業証明と成績証明)の原本を確認されます。でもって、事前に2部送っている合格通知のコピーのうち、1部に受付スタンプを押してこちらへ返却してくれますので、それを持ってビザ・セクションでの本申請に臨むという形になります。

たったこれだけ、といえばこれだけです。手数料2万円って正直安くないですしね。何だかなあって感じです。

キャンパス・フランスの面接と大使館ビザ・セクションでの本申請は同一日でもできるようになっていますが、魚尾獅は必要書類が揃っていないのと、これからも何度も上京するので、機会を改めようと思ってます。都合よく申請の予約が取れるかはやや心配ですが。
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。