FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルマンディー~ブルターニュ(5)

ノルマンディー~ブルターニュの旅の報告、最終回は大聖堂や教会といった寺院建築物について。魚尾獅自身は、宗教的なことに関しては全くの素人ですし、建築についてももちろん玄人ではありません。

ただフランス人の知人がよく「私はこの教会が好きだ!」とか「この建物がカッコいい」とか言うのですが、そういった専門性云々というよりは、単純な好悪の問題として、建築物(特に寺院建築物)についてはいろいろ蘊蓄があるようです。

私はまだ好き嫌いを説明できるレベルではないですが、今回見てきた寺院のうち、いくつかをご紹介してみようと思います。

ルーアン(Rouen)のノートルダム大聖堂。これも他の建築物同様、何世紀にもわたって改修などが繰り返されています。今も工事中でした。天候は悪かったのですが、尖塔の先が雲に覆われているのが不思議な感じ。


ステンドグラスは精緻。


そしてこういうアーチは素人でも様式美を感じたりします。


ル・アーブル(Le Havre)は、第2次世界大戦で大きな被害を受けたため、新たに再開発された街。サン・ジョゼフ教会も、外見は全く教会らしくない感じ。市役所も似たような雰囲気だったなぁ。


ちょっとぼけてますが、中から見上げるとこんな感じでした。


ヴァンヌ(Vannes)のサン・パテルン教会。


同じくサン・ピエール大聖堂。こちらも工事中でした。


カンペール(Quimper)のサン・コランタン大聖堂を城壁とともに。


写真ではわかりにくいですが、リアルな描写のステンドグラス。


ディナン(Dinan)のサン・ソヴール教会。



そして最後に、ノルマンディーでもブルターニュでもないですが、帰り道に立ち寄ったシャルトル(Chartres)のノートルダム大聖堂。世界遺産ですね。

尖塔が違うタイプで2本立っています。


ステンドグラス。上側のいわゆるバラ窓が印象的。


これは南側のステンドグラス。


これまた工事で近づけなかったので天井をアップにしてみました。


入口の門ではキリストが鎮座されてます。周りには動物たち。


この大聖堂も別の方角から見ると、違った顔を見せるから不思議。夏場はライトアップもしているとか。



今回の旅では、美術館とかも訪れているのですが、個人的にはこの教会巡りというか、寺院を訪ねるのがだんだん楽しくなってきました。しばらく癖になりそうな感じです。
スポンサーサイト

theme : 海外旅行
genre : 旅行

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。