FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥダメル&フランス放送

久しぶりにコンサートへ。グスタボ・ドゥダメル指揮フランス放送フィルハーモニー管弦楽団です。ベネズエラ人のドゥダメルは近年あちこちで名前をよく聞く絶好調の指揮者ですね。フランス放送とは幻想交響曲の動画をネット上で見たことがありますが、良い意味で若さあふれるアグレッシブな演奏でした。

そんなドゥダメルとフランス放送の組み合わせで、ブラームスの交響曲第2番と第4番というプログラム。えらいプログラムですね。はっきり覚えていませんが、ドゥダメルはブラームスの録音で何か賞を取っていたような記憶があります。でも、フランスのオケと30過ぎの若い指揮者がブラームスの2つのシンフォニーというこの組み合わせは一体何が待っているのか気になってしょうがない、そんなプログラムです(なので一番高いカテゴリー1しか空いてなかったのに行くことにしたわけで)。

で、感想。期待以上に良かったです。ドゥダメルはアグレッシブというより、すごく歌うことを大事にしているように見えました。私のような素人が見ても棒はわかりやすいですし、彼の意図というか、こうやりたいってことがクリアに伝わってきて楽しめました。歌心あふれるブラームスといったところでしょうか。

ブラ2はホルンの1番が素晴らしかったです。オーボエは個人的には少し好みと違いました。クラリネットは控えめ。2楽章は今まで聴いたブラ2のなかで一番良かったかも。あっという間に終わってしまったように感じました。

ブラ4は、低弦+コントラ・ファゴットがおいしかった。ドゥダメルのキューもカッコ良かったし、オケのレスポンスも良かった。4楽章は歌うところ、まくるところ、堅い、やわらかい等々、かなり性格を強調した感じで、しっかり作り込んできましたという印象。クライマックスはちょっと荒れた感じもありましたが、良い演奏でした。

聴衆の反応も上々で、今までSalle Pleyelで聴いたなかでは一番のスタンディング・オベーションだったかも。シンフォニー2曲も聴けて個人的にも大満足。ま、ブラームス自体が好きだからなおさらなんですが。

ドゥダメルはフランス放送とは7年前から仕事しているみたいです。ってことは23歳ぐらいからってこと?結構初期にフランス・デビューしていたんですね。これからも大活躍しそうな感じです。来月、ベルリン・フィルとともに、またパリに来るようです。曲目は運命とツァラだったはず。うーん聴きたいなぁ。でも高いんだろうなぁ。安い席なんてとうに売り切れているだろうし…。ちょっと考えてみよう。

2012年4月20日(金)20時~ @サレ・プレイエル 
 演奏:フランス放送フィルハーモニー管弦楽団 指揮:グスタボ・ドゥダメル
J.ブラームス:交響曲第2番ニ長調 作品73
J.ブラームス:交響曲第4番ホ短調 作品98
スポンサーサイト

theme : フランス
genre : 海外情報

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。