FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞在許可の更新手続

今日はちょっとお堅い話。大事な滞在許可証の更新手続についてです。

いつもこの手の記事を書くときには断りを入れているのですが、本記事は2012年5月時点での私、魚尾獅の体験をベースに記載しております。フランス内務省や県のwebサイト等も適宜参照していますが、基本、私なりの理解をメモしているだけですので、実際に手続をされる方は、直近の情報をよく確認されるようお願いしますね。

既に渡仏から10ヶ月。滞在許可の更新の時期が迫ってきました。更新と聞くと、元の手続と同じかそれよりラクにできそうに思えますが、本件手続はちょっと違います。それは、元の手続以上に書類が求められるからです。なんでそういうことになるかについて、自分の知っている範囲内でご説明しておきます。

昔はフランスに入国してから、滞在許可を申請して許可を受けて、その後必要に応じ更新するという仕組みでしたが、何年前からか制度が見直されて(かなり悪名高かったですからね)、滞在許可証なしで滞在できる(法律屋的に表現すると滞在許可を受けているとみなされる)仕組みが今は採用されてます。

すなわち、フランス渡航前に大使館で発行された長期学生ビザでもって入国し、移民局(OFII)の手続(健康診断等)を経て、移民局発行のシールがパスポートに貼付されることで、ビザの有効期間において滞在が法的に許可されているということで取り扱いましょうってことです(当初の移民局の手続については以前の記事もご覧ください)。

簡単にいえば、滞在許可申請をせずとも学生ビザ+移民局のスタンプにより滞在許可を受けた扱いにしてもらえたってことです。で、その大元の学生ビザが失効するまでに、今度は滞在許可の更新が必要になるということなんですが(ビザ失効2ヶ月前から更新手続可能)、更新とはいえ、以前に滞在許可の申請をしたわけではないので、今回初めて提出しなければならない書類等が出てきてしまうというわけです。以上長かったですが、前置きでした。

滞在許可証の更新手続は、内務省が定めていますので全国一律のはずですが、実際のところ管轄の県庁や担当官でより細かい書類が求められたりすることもよくあるようです。HECの場合、学校の所在するイヴリーヌ県(Yvelines)に居住していれば、MBAのオフィスがまとめて申請してくれます。呼び出し等もなく、ビザ失効の1週間前を目途に滞在許可証が受け取れるとのことでした(ただし受け取りは本人のみ)。パリ等に居住している場合、全て自分でやらなくちゃいけません。寮生活をしている魚尾獅はそういう意味でラクチンなんですけどね。

以下、イヴリーヌ県の必要書類。書類はすべてコピーでOKですが(原本不要)、証明書類の類は直近3ヶ月に発行されていることが必要です。

- パスポートの氏名のページ
- 長期学生ビザ+移民局のスタンプのページ
- 出生を証する書類:つまり戸籍謄(抄)本とフランス語訳(大使館の翻訳)が必要です。結婚していると婚姻の証明も必要です。
- 在学証明
- 成績証明:これは何で必要なんでしょうね。成績不良だと更新してくれないんでしょうか。在学証明で十分なはず。
- 資力の証明:残高証明と直近1年間の残高の推移を証明する書類。要は一時点の残高証明だけでは信用できないので、1年間の推移を見せなさないってことですね。ま、これは理解できます。残高証明だけだと見せ金でしのげちゃいますしね。最低月あたり615ユーロの収入(もしくは資金)があることを示さなくてはいけません。この金額は前大統領時代に厳しくなったんですけどね。
- 住居証明(または直近の家賃の支払を証する書類)
- パスポート・サイズの写真4枚

これらの書類を添えて所定のフォームを記入すれば、申請準備は完了です。大使館のビザ申請のときより若干書類が込み入っていますね。あとビザ申請のときは書類は英語がフランス語でしたが、本件はフランス国内の手続ですので、書類はすべてフランス語になります。

とりあえず当方はMBAのオフィスに全て提出してきました。特に問題はないかと思いますが、無事手続が終わったら、本ブログで報告できればって思っています。

お役所の手続は面倒に感じるかもしれませんが、書類には必要な理由なりロジックが必ずありますので、それを理解しておくと、その書類が揃えられないときにネゴったり、代替書類を準備したりできるので、「何のために書類を添付しているか」がイメージできると、割とスムーズに進められるような気がします。これは日本でもフランスでも、たぶんどこでも同じだとは思いますけどね。
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

初めまして。

こんにちは。
拝見させていただきました!
ちょっとお聞きしたいのですが。。
今、私は留学手続き中なのですが…
先日VISA申請へ行き、申請に必要な各書類を提出したのですが…
移民局提出用フォーマットを提出し見せのですが何も言われず返却されました。移民局提出用フォーマットは、VISA申請時に、窓口で返却されましたか?

Re: 初めまして。

こんにちは。
お問い合わせの件ですが、結論から言うと問題ないと思いますが、1点だけご注意を。

名前のとおり「移民局提出用」なので、実際にフランスに入国されてから(より正確に言うと、フランス国内の住所が固まってから)、速やかに提出するという書類なので、ビザ申請そのものの書類では本来ありません。しかし、ビザの発給時点で、大使館(在日フランス大使館)がスタンプを押してくれます。このスタンプが後日移民局提出の際に一応参照されるようです。

なので、大切なのはスタンプをもらうことなのですが、申し訳ないですが、大使館が書類を預かってスタンプを押してくれたのか、miさんがおっしゃるように書類だけ先に返却されて、後でスタンプをもらったかが思い出せません(役立たずでスイマセン)。

もし現時点で特に問題なくビザの発給を待っている状態でしたら、ビザ受け取り時に忘れず移民局フォームを持参し、窓口で確認されることをオススメします。
Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。