FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUについて学ぶ

今学期最後に取っていた授業は「ヨーロッパ事情」というクラス。これはEUの仕組みを勉強するので、欧州在住者にとってはとても興味深い内容です。ただあくまでMBAの授業なので、欧州内外でビジネスを進めていくときに必要となる知識を身につけるということで、ビジネスでの対応に焦点が当てられています。

結構レクチャーの比率が高いので、クラスメイトによっては退屈だとか面白くないって言ってた面々もチラホラいましたが、まぁ、そのあたりはバックグラウンドにもよるかと思います。特にEUの歴史や組織の説明、EU法の解説は確かに刺激度はないですが、個人的には行政出身なのでとてもおもしろかったですし、何と言っても説明が上手なので理解しやすかったです。マーケティングとかよりもこういう科目の方が、やっぱ性には合っているんですね、魚尾獅には。

授業で扱ったのは前述の歴史・組織・法体系といった概念から、域内の移動の自由(商品・サービス・労働者・資本)や不正競争の防止といった、EUの掲げる超重要な市場政策について学びます。あとケースとしてはロビーイングを扱います。新たな規制の適用にあたり、企業、業界団体、消費者団体等々チーム毎に分かれて、EUの委員会や司法当局にアピールするシュミレーションを行いました。

EU自体は本当にユニークというか、少なくとも日本人の感覚(少なくとも行政出身者としては)とはいろいろかけ離れています。ただ1950年代からいろいろ試行錯誤のうえ、現在に至っているわけで、特にEU法はいろんな形で個人や企業の権利に影響を与えていることがわかります。EUという1つの市場を形成するために、EUの原理・原則はかなりの形で参加国の国内法を上回るパワーを持っているように感じましたし、逆にそれを利用して個人や企業が司法判断を求めることも積極的なように感じました。

日本だとなかなか個人や企業が法によって守られている個別具体的な権利・利益というのはどうしても狭く解されがちですが、EU法だとかなり柔軟というか、やりすぎというか、良し悪しはともかく日本との違いは実感できます。これはかなり古い事例ですが、ドイツが一定のアルコール度数を超える酒類の販売を規制しようとして、フランスの高アルコールの酒を規制しようとしても、域内の移動の自由に反するわけで、フランス・メーカーは裁判所で規制を争っていますし、比較的新しい例でも、オランダのように合法ドラッグに関する規制も、ドラッグの移動の自由を損なう、なんて争いもあったりするわけです。それぞれの国内法による規制も、当然目的があって(例えば、保健衛生上の観点からの規制とか)それなりに合理的な理由があるとは思われますが、EUとしての経済法上のルールというのもかなり強い力を持っていることを学ぶことができました。

そういうこともあるのでロビーイングが盛んというのもよくわかります。実際にロビーイングに強いコンサルタントの講演も授業中にありました。どうしても癒着とかネガティブなイメージで見てしまいがちですが(日本人的には)、EUの委員会側も業界との意見交換自体はウェルカムなようで結構オープンに行われているみたいです。日本だとどうしても儀式的な要望とか意見交換とその裏…みたいなことが多い気がしますが、当地では少し異なるようです。

そんな興味深いEUですが、EUそのものの存在感というのは欧州の日常生活ではなかなか感じられないような気もします。我々は外国人だからなおさらですが、やはり一般的に人々の帰属意識というのはそれぞれの国家にあるわけで、EUの市民権というものがクリアに存在していても、なかなか意識としては芽生えないようです。EU議会の選挙とかでも投票率は高くないようですし(特に若年層、ただ具体的な数字は失念しましたが)。

別に国家の統合を目的としているわけではないので不要っちゃ不要なんでしょうけど、帰属意識という意味でのEUという存在は身近なようで遠いというのが実態なのでしょうか。参加国の財政問題などいろいろ話題には事欠かない今の状況で、EUの存在がどこまで市民生活に根付いているのかと言われると、いろいろ恩恵を受けていそうな気もしますが、決して市民にとって身近でもない不思議な存在なのかもしれません。

欧州のビジネス・スクールで勉強する者として、地味な科目ですが、非常に楽しい授業でした。
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。