FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規のSIMロック解除手続

今日の記事は、フランスでの正規のSIMロック解除手続に関する経験談です。

魚尾獅は、今回の留学生活にあたって、当初シンガポールで購入した正規のSIMフリーiPhone4を使用していたのですが、あろうことか盗難に遭いまして、数ヶ月前にフランスで新たに購入し直す羽目となりました。

盗難自体は完全な不注意で、マクドナルドに入ってきた物乞いが「金くれ」みたいなA4サイズぐらいの紙を見せつけてきたので、うっとうしいなと思って無視してたら、その隙に机の上に置いていたiPhoneをかっさらわれたというもので、今思い出しても腹が立つのですが、完全に隙をつかれました。机の上に置いていたのは友人から電話が入る予定だったので、いつまで待っても電話来ないなって思ったら、電話がないことに気付いた…という次第。友人も知らずに私のiPhoneに電話したところ、変なおじさんが出たとのことだったので、間違いなくそいつにやられちゃったわけです。

それはともかく、新しいのを買い直すのも不愉快でしたが、アップル・ストアで正規のSIMフリーのiPhoneを契約なしで買うと軽く600ユーロは超えてしまうので、もともと契約のあるSFR(フランスの大手キャリア)で200ユーロと少しでSIMロック状態のiPhone4Sを買い直しました。安価ですが、ロックされているので海外にいってもローミングで耐える日々でした。SIMフリーのありがたみを改めて実感。ホント不便でした。

ただ、フランスの場合は、3ヶ月間ロックされた端末を使用した場合、利用者の要求に応じロックを解除する義務がキャリアにあるということは前々から聞いていたので、とりあえず3ヶ月間我慢して、正規の手続に則って、ロック解除しようという作戦だったんです。

前置きが長くなりましたが、晴れて3ヶ月経過したので、正規のロック解除にチャレンジしました(3ヶ月未満だとお金を払えばロック解除できるみたいですが)。当方はSFRと契約していますので、SFRでのロック解除に向けた記録ということでご覧ください。

もともとロック解除を申請するためには、カスタマー・サービスに電話しなくちゃいけないんですね。当然ながらフランス語です。それを避けるべくSFRのサイトを探していると、何かweb上でも申し込めそうな感じ。

で、喜んでトライしたのですが…
Desimlocker+mon+mobile_convert_20120719221939.png
(画像に赤字で注釈を入れたんですが、かえって読めないですね。要はアンロックすることを仏語ではdésimlokerって言いますって書きたかっただけなんですけど。)

後からSFRからメールが来て、曰く「本件申込みの返信には10日~15日ほどかかり、ロック解除のためのコードは最終4週間後ぐらいに通知される」らしく、そんなに待ってられるはずもなく敢えなく断念。

やはりカスタマー・サービスに電話するしかないと思い、電話するも、音声案内が聞き取れず、適当に番号を押して、何とかオペレーターが出てくるもうまく通じず断念。

そこで、ショップへ行って掛け合おうと思い、オペラ近くのSFRへ。なぜオペラにしたかというのは、ともかくパリ中心部なら英語が通じるのではないかという期待から。確かに英語は通じるが、「それはショップではできない。カスタマー・サービスに電話してくれ。」の一点張り。運用上はそのとおりなので引き下がることに。

次にそもそもこのiPhoneを購入した学校近くの大型ショッピング・センター内のSFRへ。相談すると、「今日はメンテナンスで繋がらないから、明日なら」とか訳の分からない返事。そんなことないでしょ、と食い下がるも「明日なら」の繰り返し…体よく追い払われたかと思いつつも撤退。

翌日、客の少なそうな午前10時過ぎ、再びショップへ。昨日の無責任そうな発言をした兄ちゃんはいないので、貫禄のあるおじさんに再度、一から説明をし直す。当然ながら「自分でカスタマー・サービスに電話してね」と言われ、音声案内のときに何番を押すのかを教えてもらう。そこで店を出て、言われたとおりにやってみるが、それでもオペレーターにも繋がらず完全に迷子状態。再び店に戻ると、今度は違うおねえちゃんが「アップル・ストアに行けば?」って。

さすがにそれはおかしいでしょって言うと、再び貫禄のあるおじさんが出てきたので、どーしてもわからないから、代わりに電話してって懇願してみる。おじさんが最後折れてくれて、別のおねえさんに魚尾獅の代わりにカスタマー・サービスに電話してあげるよう指示してくれた。そのおねえさん、何度か電話するもつながらないらしく、また別のおねえさんにヘルプを求める。フランス人が電話しても結構わかりにくいらしい、SFRのカスタマー・サービスは(ってかSFRのスタッフが電話しているのにね)。

10時過ぎに来店してからはや2時間半。ようやく電話がつながり手続開始。大半はおねえさんが聞き取って魚尾獅の代わりに対応してくれた。聞かれたのは
-氏名
-電話番号
-住所
-生年月日
-電話料金支払いの銀行口座(といっても銀行名だけ聞かれた)
-IMEIコード(携帯本体識別用の15桁の数字)
といったところ。ま、本人確認と携帯本体の確認が必要ってことですね。

IMEIコードは契約時の書類にも書かれているだろうし、iPhone本体からでも*#06#ってダイヤルすれば表示されます。

これらを伝達すると、すこし待たされて手続完了。あとはiPhoneをパソコンのiTuneにつなぎ(もちろんインターネット・アクセスができる状態で)、バックアップを取ったうえで復元すればロック解除できるとのこと。貴重なランチ・タイムにもかかわらず、当方のワガママにつきあっていただいた貫禄のあるおじさんやおねえさん方には、魚尾獅のあらん限りの語彙力を駆使してお礼を言い、ショップを後にしました。

当方、実際には復元は行わず、手元にあるDoCoMoのsimを差し込んで、iPhoneのアクティベーションが完了後、iTuneにつないだところ、「ロック解除に成功」との表示が。何だかんだ苦労したのでちょっと感動。


DoCoMoから海外パケ・ホーダイの案内のSMSも届いたので、ま、無事ロック解除に成功したということなんでしょうね。とりあえず元のSFRのSIMに戻してからこの写真は撮ってますが。


これから日本へ一時帰国するので、それまでにSIMロックを解除しておきたかったのでとりあえずホッとしました。これで日本でも元々の番号でちゃんと使えそうです。

ということで、フランスで正規の手続によりSIMロックを解除する場合は、それ相応のフランス語力が必要なので、自信がない場合は、魚尾獅のようにショップに無理矢理お願いしてしまうか、フランス語のできる友人に助けてもらうかしかないかと思います。私の場合は、夏休みに入っていて、フランス語のできる友人がキャンパスから出払っていたというのもショップに行かざるを得ない原因の1つだったのですが。

とにかく自分のID関係とIMEIコードがあれば、3ヶ月以上使用しているiPhoneのSIMロックは解除できるはずですので、ご関心のある方はぜひトライしてみてください。
スポンサーサイト

theme : フランス
genre : 海外情報

No title

Sim解除おめでとうございます。手続きは容易では無いんですね。私もフランスでのiPhone購入を予定していますが、2年間未満の駐在のため、契約無しでの端末購入を覚悟していました。
SFRで契約なさった際には、2年未満の使用で解約金を払ってでもSIMロックの端末を購入した方が安いのでしょうか?

Re: No title

sasukeさん

私の場合は、もともと端末持ち込みで電話+データの利用だけをSFRと契約してました。なので、本体紛失後は端末単独で買わざるを得なくなり、アップルストアではなくSFRのロック端末を買うのが圧倒的に安かったというわけです。

で、フランスでの端末購入+利用契約の場合であれば、アップルストアでフリー端末購入+利用契約するか、SFR等キャリアでロック端末購入+利用契約するかの2つのパターンがありますが、前述のとおり当初自分は端末を購入していないので価格の比較はよくわかりません。ただ当初からフリー機を購入するのは非常に便利だとは思います。

あと契約期間の話ですが、私自身は端末なしの利用契約のみの形態なので、2年契約で途中解約した場合でも、違約金等は発生しないとの説明を受けています(本当かどうかわかりませんが、理屈上はそうかなと思います)。解約は手続が面倒なようですが…。私の周りの友人は、大半が2年未満の滞在ですが、当地で端末を購入し、かつ、ほとんど2年契約しています(帰国前に解約するつもり)。私自身は違うケースなので損得を計算したことはないですが、2年契約、その後解約というパターンが多いのはそれでも損はしないということなのかもしれません。

No title

有難うございました。参考にさせて頂きます。日本では違約金が発生しますが、フランスでは2年契約の途中解約が違約金無しで出来るか確認してみようと思います。
Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。