FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリのビストロあれこれ

フランス料理と聞くと、大多数の方がすごくおいしいものを想像するんじゃないかと思います。実際そのとおりですが、何でもおいしいわけじゃなくて、ある程度下調べをして、おいしいという評判のところだとまず間違いないってところでしょうか。下調べは本当に大事です。webを中心にいつも調べ回っています。

あと、フランス料理と聞くと、すごく高いレストランをイメージする方もいらっしゃるかもしれません。星付きのレストランとかだと確かに高いですが、ある程度下調べをすれば安いレストラン(現地風に言うとビストロ)もたくさんあります。

特に、当地ではここ数年、ネオ・ビストロと呼ばれる、名店で修業したシェフが比較的リーズナブルな価格で、中身勝負って感じでおいしい食事を提供してくれるお店が流行っています。レストランほど格式は高くないけど、洗練された料理が食べられるって感じですね。

リーズナブルの感覚は人それぞれでしょうが、魚尾獅の場合、前菜・メイン・デザートの3品で30ユーロ~40ユーロぐらいをリーズナブルと判断しています。3品で4,000円弱なら高いように感じるかもしれませんが、日本でも夜、ちょっといい居酒屋で飲んだら、5,000円ぐらいあっという間にかかってしまいますから、これぐらいの食事+ワインでも50ユーロ以内には収まるぐらいのこの価格帯は当地(特にパリ)では十分リーズナブルと言えるんじゃないかなって思っています。

夏が本格的に到来して、日本や海外の国々から当地へ魚尾獅を訪ねに遊びに来てくれる日本人の友人が急増中。そこで最近、そういったときに友人たちと一緒に食べに行った、パリのビストロやレストランを何件か紹介してみたいと思います。写真はあまりキレイに撮れていないうえ、何をオーダーしたかイマイチ覚えていない等々、記録としては不十分な面もありますが、だいたい気に入ったレストランは何を食べてもおいしかったので、とりあえずおいしいレストランってことでご承知いただればよいかと。

これらのレストランは全て超有名どころというか、少なくとも一般的によく知られているお店なので、いわゆる隠れ家的というか知る人ぞ知るというようなタイプのレストランではありません。仏語はもちろん、日本語や英語等でもいろいろなサイトで紹介されているレストランたちです。


Le Pantruche
住所:3 rue Victor Massé 75009 (Metro: Pigalle)
P1020705_convert_20120722215756.jpg

モンマルトルの近郊。ムーラン・ルージュにも比較的近い、何とも言えない独特の怪しさのあるエリア。といっても、ロケーションそのものは落ち着いた通りに位置しています。

前菜のリゾット。おマメがおいしい。しっかりとした味。
P1020700_convert_20120722215400.jpg

メインは子羊です。泡だったクリームのソースがいかにもフレンチっぽい。
P1020701_convert_20120722215530.jpg

デザートのスフレはブランデーの風味が効いていて、さらに塩バターキャラメルがまた濃厚でおいしかった。
P1020704_convert_20120722215658.jpg

たまたまお店のオススメでいただいたブルゴーニュ産赤ワイン。これまた濃いというか強い味だったんですが、食事との相性がバッチリ。ホントにおいしかった。


あとたまたま隣席だったフランス人がどうもシェフとお友達のようで(シェフはフランクさんって言うみたいです。)、せっかくだったらシェフを呼んであげるから記念撮影でもしなよってことで、一緒に記念撮影。ありったけの(でも乏しい)語彙を駆使して、おいしくて大満足!を表現しようと一生懸命お話ししてみました。飾らない感じの非常に好感の持てるフランクさんでした。そんなフランクさんの師匠の1人は、有名フランス人シェフ、クリスチャン・コンスタンさんらしい。

ということで、次は、

Café Constant
住所:139 rue Saint-Dominique 75007 (Metro: Ecole Militaire)
P1020534_convert_20120722221039.jpg

コンスタンさん系列のレストランが集結していることで有名な、rue St-Dominique界隈。エッフェル塔も十分徒歩圏内。予約を取らないことで有名なので、ランチでもディナーでも開店直前ぐらいに店に着くのがベスト。

前菜は牡蠣やサーモンなどを細かくしたタルタル。ショウガがふんだんに使われていてさわやかな味。写真が暗いなぁ。
P1020530_convert_20120722221203.jpg

ぼけているけど、メインはポーク。
P1020532_convert_20120722221249.jpg

デザートは両方チョコ系。ムースとシュークリーム風のもの。
P1020533_convert_20120722221339.jpg

開店直前に入ったので待ち時間10分ほどでしたが、我々が食事を終えると、混雑が始まっていました。


La Régalade Saint-Honoré
住所:123 rue Saint-Honoré 75001 (Metro: Louvre-Rivoli ほか)

ここは何回も予約を取ろうしては、いつも一杯ですと言われ悔しい気分にさせてくれたお店。ついに予約が取れました。

前菜の前に出てくるこのパテとパンが超美味。食べ過ぎちゃいけないのはわかりつつも、つい手が出てしまうクセになるおいしさ。

カニがふんだんに使われた冷製スープ。トマト・ベースでさわやか。
P1020625_convert_20120722221941.jpg

メインは気合いをいれてポーク。はっきりいって巨大。ちょっともたれたが、焼き加減は抜群。外はカリカリで中はとろける感じ。
P1020627_convert_20120722222232.jpg

デザートはやはり甘い米ってことで有名な、Riz au laitに挑戦。適度な甘さでおいしいが、これまたボリュームたっぷり!牛乳・砂糖・米でできたシンプルなデザートながら、お茶碗1杯分を軽く上回るこの量には勝てません。
P1020628_convert_20120722222339.jpg


Les Bistronomes
住所:34 rue de Richelieu 75001 (Metro: Pyramides)
IMG_0722_convert_20120722224111.jpg

オペラ地区に非常に便利なロケーション。ここは昼しか行ったことないですが、非常にオトク感のある食事。

このパテがまたおいしい。止まらない…。
IMG_0718_convert_20120722223808.jpg

なぜか前菜に白アスパラをチョイス。出てきたときは「いくら何でもこれは飽きるやろ」って思ったが、何ともいえない甘さとやわらかさ(でも芯の感じは残っている)であっという間に平らげちゃいました。
IMG_0719_convert_20120722223906.jpg

メインはここは鴨!豆類も甘みがあり、食感も楽しめました。
IMG_0720_convert_20120722224002.jpg


Fish la Boissonnerie
住所:69 rue de Seine 75006 (Metro: Odéon)

どうしても肉類が幅を利かせるビストロが多い中、ここは魚料理が多いレストラン。

パテはお肉。
IMG_0765_convert_20120722222515.jpg

メインはサーモン。あっさりとした味付けで、でも脂の乗った美味しいサーモン。写真以上に実物はボリュームあり!
IMG_0766_convert_20120722222605.jpg

国や地域、宗教等様々な理由で肉類が苦手な方もいらっしゃいますが、このレストランは選択肢が広いと思います。

他にもいろいろ行ったのですが、キリがないのでこれぐらいで。とりあえず最近の記録ということで、また機会があれば続編も準備してみようかな、なんて思っています。
スポンサーサイト

theme : フランス
genre : 海外情報

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。