FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノフスキ&ブラームス・チクルス

さてさて、久しぶりに音楽ネタの記事です。ロンドン交響楽団&ゲルギエフのシマノフスキ&ブラームス・チクルスという面白い企画です。何でこの2人のシンフォニーが組み合わされているかはナゾです。プログラム・ノートには長々と書かれているようでしたが、なにぶんフランス語には不自由している身なので、読もうともしませんでした(だからダメなんですが)。さすがにシンフォニーが4曲ずつあるから…なんて安易なことではないと思うのですが。

今回は2日連続の公演で、それぞれの交響曲第1番と第2番がメインでした。12月には第3番と第4番を演奏しに再度パリまで来るようです。これはこれで聴きに行こうと今から決意しています。

ポーランドの作曲家、シマノフスキ(K.Szymanowski)はこれまで名前しか知らない作曲家の1人でした。初日の交響曲第1番とヴァイオリン協奏曲は正直よく消化できないままに終了。濃厚な味付けはもともとの作風+ゲルギエフの演出なのか。もうちょっと勉強してから行けば良かった。ヴァイオリンはオランダのヤンセン(J.Jansen)。実際にホールで見ると身体が大きくてびっくり。ゲルギエフよりデカイような気がする。高音が美しく表現力豊か。アンコールはたぶんプロコフィエフのソナタをコンマスと共演。素晴らしい。

翌日の交響曲第2番の方が曲もわかりやすく一気に引き込まれました。民謡風のメランコリックな様子が顔を出しつつ、R.シュトラウスっぽいスケールの大きな音楽が続く。旋律も息が長く、変化も富んでいて飽きない音楽。2楽章の変奏曲も文字どおりヴァリエーション多彩、一方3楽章のフーガは、細かい動きが立体的に重なっていく面白い楽章。強奏時もオケ全体が良く鳴っていたので気持ちよく聴くことができました。

曲そのものは初めて聴いた状態なので、演奏の良し悪しはあまり気にならないというかわかりません。というか、そんなことよりも、2日目はちょっとした手違いでステージ前最前列のチケットを買ってしまったため、そもそも音楽をまともに聴ける環境でもなく、その意味でも感想は書きづらい…。ただシマノフスキの2番はツボにはまりました。ちょっとネット上でもいろいろ聴いてみよう。

そんな2日目の私の座席。やれやれ。2ndヴァイオリンの近いこと。メインが終わった直後に、アンコールのハンガリー舞曲の楽譜が出てきたのも私の席からは十分見えました。
IMG_1372.jpg

初日はこんな感じだったのに。
IMG_1360.jpg

一方、ブラームスの方ですが、全体としては悪くはないと思いますが、素晴らしいと手放しで思えるほどでもありませんでした。初日のブラ1は、あっさりとした導入部に始まり、ところどころ聴かせようとする意図も見えるのですが思ったより淡々と進みました。ブラ2の方が、より抒情的というか熱い演奏でした。1楽章も2楽章も歌心が良い方へ出ていたので、違和感なく楽しめました。こういう曲の方がゲルギエフは向いているんでしょうか。

ブラ1はもうちょっと正確というかきっちり整理された演奏の方が好みですね、個人的には。淡々としているのですが、別にきっちりしているわけでもなく、探り合いのような印象でした。木管だけの薄い部分の弦の内声部のバランスとか細かいところもしっくりこないところが多かったです。

その点、ブラ2の方が良いように感じたのですが、そのブラ2も終楽章はあまり良い印象ではありませんでした。作り方の問題か別の問題かわかりませんが、盛り上がらないクライマックス…。テンポを上げてエネルギーを高めてクライマックスへというゲルギエフの意図も唐突っぽく、オケもイマイチついていけないまま音楽も高まらず、最後の伸ばしだけ急に爆音が鳴り響き終了。聴き手としては消化不良のまま終わってしまいました。

セクションとしては悲劇的やブラ2のトロンボーン(+チューバ)が良かったなぁ。ホルンもいい!(ただブラ1はアシがついてましたね。ブラ2は前述の理由でそもそもステージ見えずわからないまま。)

指揮者をステレオタイプなイメージで判断したくはないのですが、今回の演奏はブラームスは全体的に△印がついたままの状態で、やはりドイツものは苦手なのかなって少し思ってしまいました。シマノフスキの方は、おそらく私が作品に詳しくないため、特に細かいことが気にならなかっただけなのかもしれません。まぁ、そういう要素があるにしても、交響曲第2番の演奏は私は大変気に入りました。

ちょっと今回はよくわからなかったので、12月に再度聴いてみようと思います。シマノフスキの交響曲第3番はコーラスが入りますし、第4番は実質ピアノ・コンチェルト。非常に興味深いです。一方、ブラームスの方はいずれも表現の難しい曲。どうなるか興味深いですね。

興味深いといえば、どこかの記事でゲルギエフは爪楊枝のような小さい指揮棒を使うというのを見たことがありますが、本当に使っているんですね。爪楊枝のような、というか私の席からは爪楊枝にしか見えませんでした。あとゲルギエフの唸り声も印象的。唸り声自体は別に構わないのですが、本当に表情豊かな棒(爪楊枝だけど)、顔、動作で音楽を作るのに、出てくる音楽は印象的なときとそうでないときがいろいろ混在していたのがこの2日間の印象でした。

他にこの演奏を聴いた方のコメントやブログとかも探してみようかな。実際どういう印象を受けたのか情報交換したいなと思った演奏でした。

2012年10月6日(土)20時~ @サレ・プレイエル 
 演奏:ロンドン交響楽団
 指揮:V.ゲルギエフ

K.シマノフスキ:交響曲第1番
K.シマノフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴァイオリン独奏 J.ヤンセン)
J.ブラームス:交響曲第1番

-----
2012年10月7日(日)16時~ @サレ・プレイエル
 演奏:ロンドン交響楽団
 指揮:V.ゲルギエフ

J.ブラームス:悲劇的序曲
K.シマノフスキ:交響曲第2番
J.ブラームス:交響曲第2番
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 学問・文化・芸術

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。