FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国に向けた準備諸々

無事授業も終わり、提出課題は残っているとはいえ、MBAプログラム自体は実質的に終了しました。来年1月から日本で働かなくちゃいけない魚尾獅にとっては、これからは引越準備を中心にいろいろな雑務に追われることになります。

寮の退去は年末の12月31日。カレンダーどおりにオフィスは仕事しているので、この日でも問題なく退去時の立ち会いは可能なようです。フランスの慣例にならい、解約の意思表示を書面で行いました。私の部屋から寮のオフィスまで距離にして200メートルぐらいか。3分で済みそうな用件とはいえ、証拠を残すことが双方にとって重要なこの国では書留郵便での通知が一般的です。

寮内の生活用品については、幸運なことに来年1月に入学予定の日本人新入生に譲り渡すことになりました。いろんな人とやりとりすることなく、ほぼ一括で購入してもらえるので大変助かりました。魚尾獅がキャンパス・ビジットで対応した方、かつ同じ予備校というご縁もあり、双方にとっていい話になりました。

一方、これまで本ブログで何度も登場した愛車についても、今年の9月入学の日本人学生に譲渡することで話がまとまりました。当初は買い手が見つからないかも…と思った時期もあったのでホッとすると同時に、愛車が引き続きHECのキャンパスで活躍するのかと思うと何気にうれしかったりもします。来年6月の卒業式でまたキャンパスを訪れるときに感動の?再会ができるかもしれないし。車の購入は、今回のフランス生活で下したいろいろな決断のなかでもベストの1つ。生活は一変したし、クラスメイトとつるんで何かをしたりとか、本当に大活躍してくれました。最初は購入で乗り気でなかっただけに、この投資は本当に効果的でした。

車を売るときは、売主として書類の準備が必要になりますが、昨年購入した際に手続を調べていたこともあり、特に困難はありません。フォームをwebサイトで入手して記入、コントロール・テクニークと呼ばれる車検に出して証明書を取得して、最後に現在の登録証に売り渡し済の旨記入し、書類の角を切り落とせば準備完了。それほど難しくありません。

ちょっと面倒そうなのが、携帯電話の解約手続。店頭でできないため、カスタマーセンターに電話して、海外転出のため契約期間内だが解約せざるを得ない旨、説明する必要があります。最終的に海外転出を証明する書類が必要なので、結局、書留でまた通知を送ることに。学校で必要種類は発行してくれるので、それを添えて郵送します。文面はweb上の情報等を参考に適当に作りました。ただ処理に時間がかかるという説もあり、このフランス滞在中に解約手続が完了するかどうかは全くもって不明。フランスの手続の不確かさはいろいろ体験しているだけにかなり不安はあります。

東京にベースがない魚尾獅は、並行して東京での新居も探さなければなりません。帰国と同時に物件回りができるようあらかじめ不動産屋と連絡を取って、いくつかピックアップしてもらっている状況。希望のエリアに住もうと思うと、当然ながら非常に高額です。関西と大違いなのは仕方ないのだけど。

荷物については、できるだけ減らそうと思って、捨てられるものはできるだけ書分しようとしているところ。努力の甲斐あって、概ね300ユーロから400ユーロで日本まで荷物を送れる見込み。フランスから日本へ送るときのコツとしては郵便局(La Poste)のメニューを上手く組み合わせることです。書籍や書類は5kg以内だと1箱15ユーロ弱で送れます。5kgなんてすぐに達してしまいますが(教科書によっては1冊で2kg以上ってのがあった)、面倒でも小分けすると労力はかかりますが総額的にはかなり安価になります。次に急ぐものについてはコリッシモという小包サービスを利用するとオトクです。これも最大で7kgと制約は大きいですが、1週間程度で日本に着きます。細かい額は忘れましたが、45ユーロ前後だったと思います。あとはゆっくり船便で衣類等を大きな箱に詰めて出しますが、時間がかかる割に結構高く、30kgまでで概ね150~180ユーロぐらいかかります。面倒ですが、うまく組み合わせると安く済むと思います。スーツケースで超過料金払うのとどっちが得かも考えつつ、最適な組み合わせを探してみるといいでしょう。

そもそも郵便局が信用できないと思う場合(評判悪いのは事実)、日系の引越業者を使う手もあります。梱包等もやってくれるという意味では、時間をお金で買うということで時間を効率的に使うというのも1つの方法かもしれませんね。何かと時間がかかるので、できることから始めることが非常に大切。かく言う魚尾獅もこれまでの経験上、必ず最後にバタバタするのは明らかなのですが…。
スポンサーサイト

theme : MBA
genre : 学校・教育

Secret

プロフィール

Merlion(魚尾獅)

Author:Merlion(魚尾獅)
SINCE APRIL 2010

第4部 アフリカの奇跡(2014年12月~)

第3部 フランス留学生活(2011年8月~2012年12月)

第2部 留学準備中(2010年10月~2011年7月)

第1部 "Business School"へ挑戦(2010年4月~2010年9月)

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。